無添加洗顔石鹸のメリット・デメリット

55-dm
無添加洗顔石鹸と言えばメリットばかりと思いがち・・・。
でも実はデメリットもあるんです。
そこでここでは、無添加洗顔石鹸メリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

メリット

まず無添加石鹸のメリットとしてはいろいろな効能のある天然成分が含まれていることです。
石鹸の種類によって様々ですが、天然ミネラルや、ハーブ、ローヤルゼリーエキス、エッセンシャルオイルなどが入っていたりします。

また保湿成分である天然のグリセリンを多く含んでいる石鹸もあります。

無添加石鹸ではない普通の石鹸によく入っている香料や着色料、防腐剤、石油系界面活性剤は人によっては肌トラブルを起こす原因に!
香料や合成界面活性剤があわない人は一度試してみるのもいいかもしれません。

デメリット

無添加石鹸は余計な防腐剤などが入っていないことが多いので長期保存にはあまり向きません。
高温を避けたり、溶けやすかったりするので水分をちゃんと切っておくなどの工夫が必要です。

また天然成分がいいといっても、アレルギー肌など敏感肌の人に必ずしも良い効果をもたらすとは限らず、無添加石鹸でも肌のトラブルはよくあります。
肌が赤くなったりして合わなかった場合は、すぐに使用を中止しましょう。
また無添加石鹸だと安心しきらず事前にどういう成分が入っているのか確認するのも大切です。

2016年5月20日 無添加洗顔石鹸のメリット・デメリット はコメントを受け付けていません。 洗顔石鹸豆知識